サイトマップ  関連リンク

チーム結成経緯
東海REXの紹介
 1965年創部の旧「新日鐵名古屋硬式野球部」を母体とし、2003年に発足した複合企業型チームです。
2012年10月より、メインスポンサー名を冠に拝して改称、都市対抗野球、社会人野球日本選手権優勝を目指し活動しています。

 チーム名は応募点数444件の中から選ばれました。
レックスの語源は、ラテン語で『王様』という意味です。
そして、恐竜のT-REXの『T』を東海市の『T』に合わせて、東海REXと名づけられました。 
 
■複合企業型チームとは?
 複数の企業、団体等に所属する選手により構成され、地域企業、団体、市民が支援する
全国トップレベルの活動を行うチームです。

■活動の目的は?
《地域社会への貢献》
 地域の誇り、シンボルとなりうる全国トップレベルのチーム活動を通じて地域の活性化に貢献します。
《市民スポーツ振興への貢献》
 野球教室等のボランティア活動を積極的に展開し、地域市民スポーツの振興に貢献します。
《硬式野球界への貢献》
 活躍の場を求める野球人に門戸を開き、地域企業、地域社会が一体となって支援することで野球界の発展に貢献します。

  

東海REXの軌跡
■沿革
 1965年 - 「富士製鐵名古屋」として創部。
 1970年 - チーム名を「新日本製鐵名古屋」に改称。
 1974年 - 都市対抗野球大会初出場。
 1976年 - 社会人野球日本選手権大会初出場・初優勝
 1983年 - 都市対抗野球大会・準優勝
 2003年 - 複合企業型チーム「東海REX」と改称。
 2012年 - チーム名を「新日鐵住金東海REX」と改称。

■主要大会の出場歴・成績
 都市対抗野球大会:出場13回、準優勝1回(1983年)
 社会人野球日本選手権大会:出場11回、優勝1回(1976年)
 JABA四国大会:優勝1回(1976年)
 JABA新潟大会:優勝1回(2014年)
 JABA広島大会:優勝1回(1989年)
 JABA伊勢・松阪大会:優勝3回(1976年、2004年、2005年)
 JABA高山市長旗・飛騨市長杯争奪高山大会:優勝1回(1994年)

東海REX出身のプロ野球選手
坪井新三郎内野手(1969年 中日ドラゴンズ:ドラフト外)
長島吉邦投手(1972年 広島東洋カープ:ドラフト4位)
水谷啓昭投手(1978年 中日ドラゴンズ:ドラフト3位)
音重鎮外野手(1987年 中日ドラゴンズ:ドラフト5位)
足利豊投手(1990年 福岡ダイエーホークス:ドラフト4位)
山根善伸捕手(1991年 横浜ベイスターズ:ドラフト7位)
井本直樹投手(2000年 中日ドラゴンズ:ドラフト3位)

 ページトップへ