● 試合結果
● 過去の戦績
● 今後の試合予定
● 今後の行事予定
 


5月28日 オープン戦 ◆トヨタ戦 (新日鉄野球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
トヨタ
2
0
0
0
1
0
0
0
1
1
R E X
0
1
2
0
1
0
1
0
×
5
予選前の最終戦、接戦を制し勝利!!

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
指名
選 手
松田
八重
金谷
末吉
佐藤
増田
小窪
藤尾

【投手】
武田(3回)
小西(3回)
藤原(3回)

◆試合結果◆
REX先発の武田は初回に二死をタイムリーを浴び、2点を奪われ先制を許す。
しかし、REX打線は2回に増田のタイムリーで1点を返すと、続く3回には金谷出塁の後、次打者の林がレフトへ2点本塁打を放ち逆転に成功。5回に二番手の小西がソロ本塁打を浴び同点とされたが、その裏に三連打で1点を奪い、再逆転。
7回にも林・上月の二塁打で追加点を奪いリードを広げた。
最終回に三番手の篠原が失策絡みで失点し、1点差に迫られたが、その後は落ち着いて後続を断ち、5対4で勝利した。



5月25日 オープン戦 ◆北銀クラブ戦 (新日鉄野球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
北銀クラブ
0
2
0
0
0
0
0
0
0
2
R E X
4
1
6
0
2
0
3
0
×
16
序盤から打線が爆発し、20安打16得点

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
天野
八重
金谷
末吉
小田
上月
小窪
清原

【投手】
大城(5回)
篠原(2回)
大中(2回)

◆試合結果◆
REX打線が序盤から爆発。初回に4連打と犠飛で一挙に4点奪い先制。
3回には、打者11人6本の長短打で6点を追加しリードを広げた。
5回に松田の2点本塁打。7回には岸部の3点本塁打で追加点を奪い試合を決めた。
投げては、先発の大城が2回に失策絡みで2点を失ったが、その後は篠原・大中の継投で北銀打線に追加点を与えず、16対2で勝利した。



5月23日 オープン戦 ◆東邦ガス戦 (新日鉄野球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
東邦ガス
0
1
2
1
0
0
1
0
0
5
R E X
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
東邦ガス投手陣を打ち崩せず敗戦

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
末吉
金谷
佐藤
増田
小窪
藤原

【投手】
中川(4回)
武田(3回)
宇久(2回)

◆試合結果◆
REX先発の中川は、立ち上がりから制球に苦しみ、4回を投げて4失点で降板。
二番手の武田が7回にタイムリーを浴びて追加点を許した。
REX打線は、東邦ガス先発の小林を打ち崩せず6回で2安打無得点。7回に二番手の北村から佐藤・増田・清原の安打で1点を奪ったが、それ以外は打線がつながらず1対5で敗れた。



5月18日 公式戦(新潟大会準決勝) ◆NTT信越戦 (新潟市営鳥屋野野球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
R E X
0
0
0
0
0
0
1
3
0
3
NTT信越
0
0
0
0
0
4
0
0
0
4
9回の好機を生かせず敗戦

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
末吉
小田
増田
天野
藤尾
小窪

【投手】
武田(5回)      
宇久(4回)      

◆試合結果◆
REX先発の武田は、5回まで打たせてとる投球で好投をみせたが、6回に乱れ、死球・失策・2安打で2点を失い降板。二番手の宇久も2点タイムリー二塁打を浴び0対4とリードを許した。
一方、REX打線は8回に八重のタイムリー三塁打、末吉のタイムリーで3点を返した。
9回には藤尾の二塁打で一死二塁の好機をつくったが、後続を絶たれ、3対4で敗戦し、決勝進出を逃した。



5月17日 公式戦(新潟大会2回戦) ◆伏木海陸運輸戦 (新潟市営鳥屋野野球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
合 計
伏木
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
R E X
0
0
0
0
0
0
0
1
0
2
延長10回 サヨナラ勝ちで準決勝進出

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
金谷
末吉
佐藤
増田
小窪
藤尾

【投手】
小西(9回)
篠原(1回)

◆試合結果◆
REXは中盤まで伏木先発の左腕 橋本に3安打無得点に抑えられ、6回には先発の小西がソロ本塁打を浴び先制点を許した。
0-1で迎えた8回、二死1・3塁の好機で八重がしぶとく食らいつき、内野安打で同点とした。延長戦にはいり、10回裏の攻撃、先頭の清原がライト線に二塁打を放ち出塁。
続く小窪の二塁ゴロの間に進塁し、次打者の上月がカウント2-2からセンター前に弾き返し2対1のサヨナラ勝ちで準決勝進出を決めた。


長良川球場にて開催された 『ベーブルース杯』 で準優勝しました!
ご声援、どうもありがとうございました!


■トロフィーと盾■


 5月5日 公式戦(ベーブルース杯決勝) ◆シダックス戦 (長良川球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
R E X
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
シダックス
2
0
1
1
0
1
0
0
×
5
シダックス投手陣を打ち崩すことができず敗戦

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
金谷
佐藤
天野
増田
小窪
藤尾

【投手】
篠原(1回)
大城(5回)
武田(2回)

◆試合結果◆
REX先発の篠原は、立ち上がりをシダックス打線に攻められ、4安打2失点で降板。
2回からリリーフした2番手の大城は、5回を投げ被安打10で3点を奪われた。
一方攻撃陣は、シダックス先発の野間口を打ち崩すことができず、7回を3安打無得点に抑えられた。
終盤も2番手杉本、3番手岩渕の継投を打ち崩すことができず、0−5で敗戦となった。



5月5日 公式戦(ベーブルース杯決勝) ◆王子製紙戦 (長良川球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
王子製紙
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
R E X
0
0
0
0
2
0
0
2
×
4
小西が好球を見せ、完封勝利!!

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
金谷
佐藤
天野
上月
小窪
藤尾

【投手】
小西(9回)

◆試合結果◆
 REXは0−0で迎えた5回に、この回先頭の上月が失策で出塁。
続く小窪がきっちりと犠打を決めて無死2塁。次打者の藤尾が中前打で出塁し1・3塁のチャンスをつくった。
ここで1番の松田が右中間へタイムリーを放ち、2点を先制。8回にも八重が内野安打で出塁し、続く金谷の犠打悪送球の間に得点。
その後天野のタイムリーで追加点をあげた。
投げては先発の小西が気迫のこもった投球で王子打線を6安打無失点の好投。
4−0で勝利し決勝進出を決めた。



 5月4日 公式戦(ベーブルース杯決勝) ◆JR東海戦 (長良川球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
合 計
R E X
0
1
0
2
0
0
2
0
0
2
0
0
0
3
10
JR東海
0
0
0
0
2
0
0
2
0
2
0
0
0
0
6
延長14回を制し、準決勝進出

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
金谷
佐藤
天野
上月
小窪
藤尾

【投手】
小西(5回)
大城
(2回 2/3)
中川
(2回 1/3)
篠原(4回)

◆試合結果◆
序盤から打ち合いとなり荒れた試合展開となった。
5−5の同点で延長に入り、10回にREXはJR5番手の川野から3つの四死球を選び無死満塁。
ここで天野がスクイズを決めて逆転。その後JRの守備の乱れがあり,さらに1点を追加した。
しかしその裏、REX三番手の中川が四連打で2点を失い同点とされた。
そして迎えた14回、二死1・3塁から途中出場の小田が右中間にタイムリー3塁打を放ち逆転。
続く天野もレフト線へ二塁打を放ち、この回3点を奪って試合を決め、10−7(延長14回)で勝利し、準決勝へと駒を進めた。



5月3日 公式戦(ベーブルース杯決勝) ◆航空自衛隊千歳戦 (長良川球場)
チーム名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
合 計
自衛隊千歳
1
0
0
2
0
0
0
×
×
3
R E X
3
0
3
1
3
2
×
×
×
12
13安打12得点で7回コールド勝ち

【先発メンバー】
打 順
1
2
3
4
5
6
7
8
9
位 置
選 手
松田
八重
金谷
佐藤
天野
上月
小窪
藤尾

【投手】
武田(7回)

◆試合結果◆
REX先発の武田は、初回に失策から2連打で1点を失った。
しかし2回以降は、自衛隊千歳打線をノーヒットに抑える好投を見せた。
打っては先制された直後に金谷、天野のタイムリー2塁打と林の犠飛で3点を奪い逆転。
3回は小窪のスクイズ、藤尾の2点タイムリーで3点。4回には二死から佐藤、林の連打で得点。
さらに5回は相手のミスからチャンスをひろげて3点を奪い、続く6回にも小坂の犠飛、松田のタイムリーで2点を奪って合計13安打12得点。
打線が着実に加点し、12−1(7回コールド)で勝利した。